違法動画や削除ではなく活用の方向に

今までYouTubeに違法アップロードされた動画は、著作権所有者が1つずつ目視で確認し、削除依頼をするしか対策がありませんでした。しかし、YouTubeコンテンツIDの登場により事情が変わってきたのです。

もともとコンテンツIDは不正にアップロードする動画を見つけ出し、削除申請を効率よくするためのシステムとして開発されました。YouTubeとしても違法動画を簡単に検出でき、削除することができ効率がよかったのでしょう。しかし、最近では違法動画があったとしても、それを削除するのではなく、収益の分配という形で新たな収益を得られるように変わってきたのです。

違法動画といってもさまざまで、音楽を勝手に流しているものから、オリジナルの音楽に改造しているものなどもみられます。そのような動画を今後は禁止や削除にするのではなく、本来得るべき著作権の所有者が収益を得る道具として活用できる可能性が出てきています。YouTubeを視聴する側や個人がアップロードする側としても、この動きはより自由性が高まる可能性があるでしょう。

今はYouTubeで動画が話題となればよい宣伝にもなるため、あえて削除しない動きも出ていているのです。動画が違法に使われるということは、それだけ人気がある証拠で、YouTube、著作権所有者側、視聴者側にもメリットがあるよう変わってくる可能性があります。

コンテンツID の申し立てを受けたら

個人の方でYouTubeに動画をアップロードしており、コンテンツIDの申し立てを受けることがあります。違法アップロードの場合は速やかに削除すればよいのでしょうが、著作権の問題があるとは知らない場合や、そもそも著作権の侵害をしていない場合もあるでしょう。それぞれの対策方法を紹介します。

もし著作権の侵害をしていて、申し立てに同意した場合、何もする必要はありません。コンテンツIDを持っている動画の所有者が申し立てをしたら、違法な動画は削除されることになります。または、申し立てされた人自身が違法となっている楽曲のみを削除して、再アップロードする方法もあります。

動画はオリジナルでも、音楽に著作権が絡んでいてアップロードしてしまっているケースもあるのではないでしょうか。この場合は動画の編集や再アップロードせずに削除する方法もありますから、特別な操作をせずに簡単な作業で削除が可能です。もし楽曲を入れ替える場合は、編集方法があるためそれを選択してください。

今何かと話題となっているのが、収益の分配でしょう。申し立てられた動画でも、動画所有が収益の分配を許可した場合、双方で分配することができます。このような動画は関連動画となっており、コンテンツ所有者は他人がアップロードした動画からも収益を得ることができるようになりました。

YouTubeコンテンツIDの導入について

YouTubeにオリジナル動画を投稿する場合、YouTubeコンテンツIDの存在は気になるはずです。2007年に導入が決まり、不正動画を防止して、もし不正に動画が流出したらそれを見つける役割を持っています。つまり1つずつの動画に目印が付けられ、自分がアップロードした動画以外を調べることができるというものです。しかし、その仕組みがイマイチわかりにくい、YouTube側は著作権のことをどう判断しているのか?勝手に動画を不正にアップロードした場合どうなるのか?などの疑問点も出てくるでしょう。

該当する動画が見つかった場合、コンテンツ所有者は申し立てをおこなえるようになります。その際には、一致する音声をミュートする、閲覧できないよう動画全体をブロックする、動画広告を表示させてその動画から収益を得る、その動画の再生に関する統計情報を追跡する、ということができるわけです。

コンテンツIDが利用できるのは一定の条件を満たす必要があります。アップロード数が多い大手やヘビーユーザーに限られており、個人が数回アップロードした程度では使うことはできません。間違ってはならないのが、すべてのユーザーでコンテンツIDを付けることができるわけではなく、著作権に関するメディアや音楽関係者などに限定する内容です。もちろん個人であっても大量に動画をアップロードして収益を得ている場合、申し込みページから申請することができます。

このコンテンツIDが導入されることにより、個人ではどのように影響があるのか当サイトで紹介していきます。