YouTubeコンテンツIDの導入について

YouTubeにオリジナル動画を投稿する場合、YouTubeコンテンツIDの存在は気になるはずです。2007年に導入が決まり、不正動画を防止して、もし不正に動画が流出したらそれを見つける役割を持っています。つまり1つずつの動画に目印が付けられ、自分がアップロードした動画以外を調べることができるというものです。しかし、その仕組みがイマイチわかりにくい、YouTube側は著作権のことをどう判断しているのか?勝手に動画を不正にアップロードした場合どうなるのか?などの疑問点も出てくるでしょう。

該当する動画が見つかった場合、コンテンツ所有者は申し立てをおこなえるようになります。その際には、一致する音声をミュートする、閲覧できないよう動画全体をブロックする、動画広告を表示させてその動画から収益を得る、その動画の再生に関する統計情報を追跡する、ということができるわけです。

コンテンツIDが利用できるのは一定の条件を満たす必要があります。アップロード数が多い大手やヘビーユーザーに限られており、個人が数回アップロードした程度では使うことはできません。間違ってはならないのが、すべてのユーザーでコンテンツIDを付けることができるわけではなく、著作権に関するメディアや音楽関係者などに限定する内容です。もちろん個人であっても大量に動画をアップロードして収益を得ている場合、申し込みページから申請することができます。

このコンテンツIDが導入されることにより、個人ではどのように影響があるのか当サイトで紹介していきます。