コンテンツID の申し立てを受けたら

個人の方でYouTubeに動画をアップロードしており、コンテンツIDの申し立てを受けることがあります。違法アップロードの場合は速やかに削除すればよいのでしょうが、著作権の問題があるとは知らない場合や、そもそも著作権の侵害をしていない場合もあるでしょう。それぞれの対策方法を紹介します。

もし著作権の侵害をしていて、申し立てに同意した場合、何もする必要はありません。コンテンツIDを持っている動画の所有者が申し立てをしたら、違法な動画は削除されることになります。または、申し立てされた人自身が違法となっている楽曲のみを削除して、再アップロードする方法もあります。

動画はオリジナルでも、音楽に著作権が絡んでいてアップロードしてしまっているケースもあるのではないでしょうか。この場合は動画の編集や再アップロードせずに削除する方法もありますから、特別な操作をせずに簡単な作業で削除が可能です。もし楽曲を入れ替える場合は、編集方法があるためそれを選択してください。

今何かと話題となっているのが、収益の分配でしょう。申し立てられた動画でも、動画所有が収益の分配を許可した場合、双方で分配することができます。このような動画は関連動画となっており、コンテンツ所有者は他人がアップロードした動画からも収益を得ることができるようになりました。