違法動画や削除ではなく活用の方向に

今までYouTubeに違法アップロードされた動画は、著作権所有者が1つずつ目視で確認し、削除依頼をするしか対策がありませんでした。しかし、YouTubeコンテンツIDの登場により事情が変わってきたのです。

もともとコンテンツIDは不正にアップロードする動画を見つけ出し、削除申請を効率よくするためのシステムとして開発されました。YouTubeとしても違法動画を簡単に検出でき、削除することができ効率がよかったのでしょう。しかし、最近では違法動画があったとしても、それを削除するのではなく、収益の分配という形で新たな収益を得られるように変わってきたのです。

違法動画といってもさまざまで、音楽を勝手に流しているものから、オリジナルの音楽に改造しているものなどもみられます。そのような動画を今後は禁止や削除にするのではなく、本来得るべき著作権の所有者が収益を得る道具として活用できる可能性が出てきています。YouTubeを視聴する側や個人がアップロードする側としても、この動きはより自由性が高まる可能性があるでしょう。

今はYouTubeで動画が話題となればよい宣伝にもなるため、あえて削除しない動きも出ていているのです。動画が違法に使われるということは、それだけ人気がある証拠で、YouTube、著作権所有者側、視聴者側にもメリットがあるよう変わってくる可能性があります。